Windows10で共有フォルダが表示されない場合の対処方法~1~

Windows10を使っていて、LAN内の共有コンピュータや共有フォルダが表示されないというトラブルが起こることがあります(表示されていたのが表示しなくなった、というケースもあります)。

原因や対処方法は幾つか考えられるのですが、今回は最も代表的な原因と対処方法の解説。

共有フォルダが表示されない

LAN(ネットワーク)内に複数のコンピュータやデータ保管機器がある場合、図のように「ネットワーク」を開くとそのコンピュータ名やフォルダ名が表示されます。

ところが、この表示されるはずのコンピュータ名やフォルダ名が、表示されないというトラブルがWindows10ではしばしば発生します。

 

SMB1.0/CIFS共有サポートの有効化

Windows10で共有フォルダが表示されない、という場合、Windowsの基本機能の「SMB1.0/CIFS共有サポート」という機能が無効になっている事が原因の場合があります。これを有効化することで表示されるようになる場合があります。手順は以下のとおりです。

プログラムと機能

Windowsのコントロールパネルから「プログラムと機能」の画面を表示させます。(適当なフォルダを開いて、フォルダを上↑へたどっていき一番上(デスクトップ)まで達するとコントロールパネルという項目が見つかります)

この画面の左上の方にある「Windowsの機能の有効化または無効化」という部分をクリックします。

Windowsの機能の有効化または無効化

図のような小さな画面が表示されます。

画面を下の方へスクロールすると、「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」という項目があります。「+」のマークろクリックすると図のように項目が3つ出てきますので、これらのレ点を全てチェックして(有効化して)最後に「OK」ボタンをクリックします。

有効化のあとは必ず再起動

上記の有効化をした後、パソコンを再起動させてください。多くの場合、この対処で表示されるようになります。

これで表示されない場合は・・・?

上記のSMB関連の機能を有効化しても表示されない場合には、他に原因があります。一概に「コレです」と断言はできないのですが、筆者の経験上、以下の点を慎重にチェックし対処するとほぼ改善されます。

  • LAN内の全てのWindows10パソコンで上記対処をしてあるか?
  • ネットワーク接続の接続プロパティが「パブリックネットワーク」になっていないか?(なっている場合はプライベートネットワークに変更する)
  • セキュリティソフトのファイアウォール設定で、LAN内のフォルダ共有や通信を遮断していないか?

なお、上記それぞれの対処については、別のページで今後随時解説記事を追加していきます。

お問合せ

このページの解説内容についてのご質問や個別のご相談は以下のお問合せフォームよりお願いします。

 

Print Friendly, PDF & Email