メールの署名を設定する~Thunderbird~

メールの文末に掲載する差出人などの情報、いわゆる「メール署名」の設定方法。メールソフト「Thunderbird」の場合を解説しています。

メール署名

メールの文末に表示する、差出人とか返信先などを書いたものです。(図は著者のGmail画面)

こういった署名は、設定しておくことでメールを作成するたびに自動で表示されるようになります。

Thunderbirdの場合

メールの署名設定は、使っているメールソフトによって設定方法が異なりますので、ここで一概には説明できません。そこで、弊社でオススメしている無料のメールソフト「Thunderbird」の場合で説明をいたします。

アカウントの設定画面を開く

メール画面の左側、メールアドレスを右クリックして「設定」をクリックします。

署名の設定

図のように画面に「署名」を設定する欄があります。ここへ、メール末尾に表示する署名を入力すれば、設定完了です。

注意点

メールの署名設定は、メールソフトごとに行います。例えば、複数のパソコンでThunderbirdを使い、同じメールアドレスを送受信しているという場合、署名を同じようにするためには、使っている全てのThunderbirdで同じ設定を行う必要がありますので、ご注意ください。(片方で署名が設定されていて、片方で設定されていないと、後者の方でメールを送信するときに署名が入らなくなってしまいます)

 

この記事に関するご質問・お問い合わせはこちらから↓

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

 

Print Friendly, PDF & Email