0円から始められるクラウドレジ~AirREGI~

小さなお店にとってもありがたい、「基本0円から始められるクラウドレジ」AirREGIの導入解説。

クラウドレジって?

インターネット上に用意された機能を使ってお店のレジ機能を果たすサービスです。レジの画面で入力した内容が即座にネット上にデータとして蓄積され、集計・データの再利用が出来るというもの。

普通のレジだと、レジ専用の機械を用意したり、あるいはレジシステム専用のパソコンとソフトを購入する必要がありますが、クラウドレジの場合、こういう「レジ固有の機能」をインターネット上のサーバーで提供されるので、お店の端末は「ネットに接続するタブレットだけでOK」という手軽さが人気の理由です。

AirREGI(エアレジ)って?

リクルートが提供する、基本料金無料で利用できるクラウドレジサービスです。

iPadで動く

iPadで専用アプリを使って動かします。(なので、基本無料とはいえ、iPad端末を用意する必要があります)

本当に無料?

無料なのは「エアレジの基本機能を利用する部分」だけです。実際には、iPadなどの端末やレシートプリンタなど、必要最低限の機械を購入する必要があるので、完全に無料というわけには行きません。

例えば図のように「iPad、レシートプリンタ、キャッシュドロワ」などを一揃え購入すると88,000円くらいかかります。(キャッシュドロワは必要ないよ、とかレシートプリンタもいらないよ、というようにお店の実状に応じて色々選択できます)

ただ、それでも一般的なPOSレジを購入するよりも遥かに安い費用で導入できます。

クラウドサービスならではのメリット

AirREGIには、クラウドサービスならではの様々なメリットがあります。

カード決済サービスとの連携

AirREGIそのものにはクレジットカード決済機能はありませんが、別途AirPayというクレジットカード決済機能を連携させることで、カード決済を可能にします。

また、Squareというクレジットカード決済のサービスとも連携しています。

クラウド会計ソフトとも連動

当サイトでもご紹介しているクラウド会計ソフト「freee」を始めとするさまざまなクラウド会計ソフトと連携しています。どういうことかというと、エアレジで売上を登録していて、レジ締め作業をすると、自動でその日の売上が会計ソフトへ取り込まれる、という感じで連携するというわけです。

つまり、会計ソフトと連動させておけば、会計ソフトへ「今日の売上」みたいな仕訳記録を手作業で登録する必要がない、というわけです。これはかなり劇的な効率化になり、オススメです。

小規模な店舗での利用には超おすすめ!

特に個人経営や小規模企業での店舗運営をされている場合には、エアレジを始めとするクラウドサービスは超オススメです。これまで、レジではレシートの出力とお釣りの受け渡しくらいしかやっていなかった、という店主様も案外多いのではないでしょうか?クラウドレジを利用することによって、「どの商品・サービスがどのくらい売れているのか?」とか「現金とクレジットの比率は?」とか、様々な「売上分析」をすることが出来るようになります。

導入の際には、ぜひ専門家にご相談ください。

「ゼロ円で始められる」「簡単」「便利」・・・そうは言っても、やっぱり実際に導入するとなると、細かな部分で色々知識やノウハウが必要になります。導入の際には、事前にぜひ弊社へご相談ください。

経験豊富なITコーディネータが、あなたのお店の実状に合わせて最適な導入・活用の支援をさせていただきます。

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

 

Print Friendly, PDF & Email