メモ・備忘録の記録にGoogleKeep

仕事をしていて「とりあえずメモしておこう」「後で忘れないようにしなきゃ」というようなシーンは多々あると思います。そういうちょっとしたシーンで大活躍するのがGoogleの無料タスク管理アプリ「GoogleKeep」。今回はそのGoogleKeepの、入り口の部分を解説いたします。

GoogleKeep

Googleの提供する無料サービスのひとつて、「メモアプリ」「タスク管理アプリ」などと呼ばれています。ちょっとした備忘録やメモなどを一つずつ記録しておくためのものです。

パソコンでもスマートフォンでも、もちろんタブレットでも、Googleアカウントをお持ちであれば誰でも使えるサービスなのですが、イメージとしては図のような感じの画面(図はパソコンでの利用画面イメージです)

画面の1枚のカードのような枠が「1件のメモ」に当たりますが、使いこなすことで実にいろんなメモに利用できます。例えば・・・

  • 仕事上の備忘録
  • プライベートのお買い物リスト
  • あとで読もうと思っているWeb記事のアドレス
  • ○月○日までにやらなければならない業務上のノルマの期限

などなど

使い方は至ってカンタン

「メモをひとつ記録しておきたい」と思ったら、「メモを入力」の欄にマウスを持っていってクリックし、内容を記入するだけです。

リマインダー機能

記録したメモを例えば「締切があるから、○月○日の○時にメッセージを出すようにする」というようにリマインダーを設定する事ができます。例えば図のように報告書の作成について、7月7日の午前9時に通知させたいと思ったら、リマインダーの追加を行います。

リマインダーは「少し後で」とか「明日」とかのように予め設定されている時間に通知させるように簡単に設定することも出来れば、図のように日付と時間を細かく選択する事もできるようになっています。

Googleカレンダーと自動で連動

上記のリマインダー機能は、設定した日時になると、メール送信で教えてくれたり、スマートフォンの場合は画面に表示してくれたりします。

と同時に、Googleカレンダーを利用されている方の場合、その日時に応じてリマインダーがカレンダーに登録されます。(図は、2018年7月7日に自動登録されたリマインダーをカレンダー上で確認した画面です)

とにかく手軽で便利

IT機器やサービスの利用で「メモを」「備忘録を」「スケジュール管理を」とやろうとすると、とかく大げさなサービスを利用したり案外手間がかかってしまったりするものです。

その点、GoogleKeepはとにかく手軽で便利!筆者が「コレは便利だ!」と常々感じている点をいくつか挙げてみると・・・

カレンダーと連携

上記でも触れた「カレンダーと同期」はとにかく便利です。

スマートフォンで登録できる

Googleアカウントを設定したスマートフォンからGoogleKeepへメモや備忘録やタスクを登録することが出来ます。で、同じGoogleアカウントを設定してあれば、スマートフォンで登録したGoogleKeepのメモなどをパソコン上で確認することが出来ます。

つまり、出先でお客様と打ち合わせしながら登録したメモや備忘録を、後で事務所や会社へ帰ってきてパソコンでじっくり確認できるというわけです。これは非常に便利!

リスト・画像・手書きメモなど様々な記録方法

GoogleKeepは、文章のメモやURLだけでなく、チェックボックスの付いたリストでの登録や、画像での登録、手書きのメモ(画面上で手書き描画するメモ)での登録など、様々な記録方法があります。音声入力に対応しているスマートフォンなら、自分で喋った声で登録することも可能です。

Googleアカウントに関連付け

何と言っても便利なのはGoogleアカウントに紐付けられて記録されていること。クラウドサービスのひとつなので、Googleアカウントを保持していればスマートフォンやパソコンの機種が変わってもメモや備忘録をそのままキープ出来ます。まさに「キープ」^^。

業務への活用はアイデア次第

手軽で便利、様々な応用が効くということから、日常生活だけでなく業務上のITツールとして大いに活用できそうです。どんな風に使うのか?は皆さんのアイデアしだい。是非、いろんな使い方を試してみてください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

Print Friendly, PDF & Email