概要紹介

岸本ビジネスサポートの支援スタイルや仕事に対する考え方などをご案内している紹介記事です。

このホームページを商売繁盛にどうやって活かせばよい?と思ったら、ぜひご一読下さい。

ここには「ヒント」や「トピック」が掲載してあります

岸本ビジネスサポートのWebサイトに掲載してあるのは、ほぼすべて「商売繁盛・IT利活用のためのヒント」の解説記事です。様々なジャンルの様々なテーマが、「1テーマ1記事で完結」するように掲載してあります。まずは、ご自分の興味のあるテーマ、疑問に思っている事、分からなくて困っていることなどをこのホームページ上で探してみて下さい。見つからない場合はページ右上の「検索」枠から記事検索出来ます。

基本無料

記事を御覧頂いて参考にしていただくのは一切無料です。また、引用・転載・印刷配布なども自由に行っていただいて構いません(ただし著作権は放棄していません。引用・転載・再配布の際には、著作権法に則って引用元の明記などをきちんと行って下さい。)

現在のところ、記事の8割方はIT活用のための解説記事です。IT活用を商売繁盛に結びつけるために、解説記事をお読みいただき、業務の効率化・省力化・短時間化にお役立ていただければ幸いです。

分からない事・探せない記事は「お問合せ・ご相談」で

解説記事をお読みいただいて、分からないことや、もう少し詳しく知りたいことなどがあれば、ホームページ上からお問合せ下さい。各記事の末尾に「質問・相談」フォームへのリンクが貼ってあります。ホームページ上部のメニューの相談する・質問するからでもお問合せが出来ます。
(ご質問・ご相談をお送りいただくためには、あらかじめ当サイトのユーザー登録をして頂く必要があります。ユーザー登録はこちらからどうぞ→ユーザー登録

または、もし「こういう事について解説記事がないか探しているんだけど探し当てられない」という場合も、お問合せいただければお答えします。(このページに載っていますよ、という案内をさせていただく場合もありますし、または「そのテーマについてはまだ解説記事を書いていないので今後掲載します」というご案内になることもありますが)

なお、当サイトからのご質問・ご相談は有料となります(1件3,000円+消費税)

解説やヒントの活用で商売繁盛に繋がる方は大いにご自分で活用して下さい

解説記事やそのヒントの活用で課題や問題が解決できる方、商売繁盛に結びつける事が出来る方は、どうぞ大いにご活用して商売繁盛してください。私どもの掲載した記事や解説内容が、あなたのご商売・事業のお役に立てるのであればこれほど嬉しいことはありません。

一般論や解説記事では物足りない・分からないという方は

個別のご相談を承ります。「お問合せ」の説明でも書いてあるように、初回のご相談・ご質問は無料です。1回めの無料を大いに利用して、「こういう事について取り組んでいるんだけど、どうすればよいか分からない。個別の相談に乗って欲しい」とお問合せいただければ、初回の無料相談の回答で、お客様の場合の個別のヒントや解説、あるいはアドバイスをさせていただきます。(個別相談・質問の際には、なるべく具体的な情報をお送りください。具体的に、細かくお伺いできれば、その分詳しくお答えできます。)

どうしても1回きりの相談やアドバイスでは解決しないという場合には、ご用命いただければ商売繁盛・課題解決のお手伝いをさせていただきます。解決するまで、繁盛するまで、お客様と一緒に考え、一緒に取り組んで行きます。

まずはとにかく、このホームページをご活用いただいて何か成果を得られるのであれば、それに越したことはありません。どうぞ、大いに活用し、もし足りないモノがあればご質問・ご相談という形でご意見をお寄せ下さい。よろしくお願いいたします。

IT活用がどうして商売繁盛になるのか?「ビジネスサポート」と言ってるのに、ほぼ8割方の解説記事や提案がパソコンやITの活用解説。それって本当に「商売繁盛」につながるの?という「?」マークが付く方は少なく無いと思います。けれども、まずはIT活用にきちんと取り組みましょう!

ITが収益を上げてくれるなんてことは絶対にない

いきなり否定から入っちゃいましたが、これが本当のこと。IT(パソコンとか、ネットワークとか、ホームページとか、Facebookとか)が直接売上アップをしてくれる、なんていうことは絶対にありません。過去もなかったし今後も間違いなくないでしょう。

どんなにITやWebで商売が上向いたと力説されても、そこには必ず「経営者(=人間)の手間と労力」が介在しています。それを疎かにしてITがひとりでに金儲けをしてくれるなんていうことはないのです。

じゃあ、IT利活用は商売繁盛につながらないじゃないか!

いいえ、そんなことはありません。「ナビゲーションって?」「どうして小さな会社・お店に特化してるの?」の記事でもお伝えしているように、小さな会社・お店の経営者さんにとって、圧倒的に足りないのは「時間」です。

事務作業やちょっとした連絡・コミュニケーションなどが効率よく、短時間で済ませられれば、今までより時間に余裕が出ます。この「短時間で済ます」「効率よくすすめる」事がITの一番の得意分野のひとつです。

つまり、「ITを上手に使って今やってる仕事を短時間で済ませ、効率よくはかどれば、その分だけ自由に使える時間(=本分の商売・事業について考え、取り組む時間)を確保できる」というわけです。

小さな会社・小さなお店こそ、「なかなかはかどらない伝票処理」とか「書類探しで時間取られて提案を考えるヒマもない」という状況を、ITを大いに活用することで省力化・短時間化するべきです。

パソコンを覚えて使うということとは全く違う

けれども、多くの方が理解間違いをしている事があります。それは「ITの利活用するには、パソコンを覚えなきゃいけないよね」と思っている事。

  • パソコンの使い方覚えるためにスクールに1年通った。そしたら社内の書類を色々WordやExcelで作れるようになった。(キレイ、見やすい)
  • 経理担当の社員に弥生会計のやり方を覚えさせた。結果、会計入力が出来るようになって、手描きの帳簿じゃなくなったので税理士さんにとても褒められた。
  • 販売管理で使ってるExcelの表がどうも実情にあってない。それで必死で勉強してExcelデータの編集できるようにして、販売管理のExcelデータの不具合がなくなった。

・・・これじゃあ全然ITを活用していることにはならないんだ、ということはお分かりいただけるでしょうか?パソコン入れて、使い方覚えて、結果やってることが以前と同じ。ただ単に体裁が整ったとか周りに「すごいね」と言われたとか、「不具合だったものが使えるようになった」というだけでは、経営者のあなたの「時間」「労力」は何も軽減されていないのですから。

「パソコンを覚えて、業務をIT化する」のではないのです。「ITをどういう風に使ったら、仕事の時間が短くなるか?二人でやってたものが一人で出来るか?」・・・それを考えて実現するのが「利活用」の真の意味です。

活用の過程で「パソコンの専門知識」が必要になったら、専門家に相談すれば良い。そのために私のようなITコーディネータがいます(ITコーディネータは全国に5000人以上いるITと商売繁盛の専門資格者です)。

どうやったら「ITを業務の効率化に繋げられるか?」が分からなければ、それも自分でひとり悩まずに私達専門家に相談してくだされば良い。経営者のあなたがやらなければならないのは、「どうやったらこの弥生会計のデータを入力できるるようになるか?」を考えることではなく、「どうやったらウチの商品・サービスがもっとお客様のニーズ・要望に応えられるか?」を考えることです。ITの利活用は、その「考える労力と時間を創りだすための手伝いをするツール」です。

ITを存分に活用する・使いこなすことで、商売の本分に携わる労力と時間を生み出す・・・それがIT利活用が商売繁盛につながる、ということの本質です。

「小さな会社・小さなお店」に特化しているのはなぜ?と思ったらぜひ読んで下さい。

岸本ビジネスサポートは、小さな会社・小さなお店の支援・アドバイス・助言に特化しています。(もちろん、大きな会社でもご相談いただいたら全力で支援しますが)

どうして小さな会社・小さなお店にこだわるの?・・・書き始めると長いんですが(^^;)、短く想いだけまとめてお伝えしておこうと思います。

岸本ビジネスサポートの看板に書いてある「商売繁盛をナビゲーション」ってどういう意味?と思った方、ぜひ読んで下さい。

私ども岸本ビジネスサポートでは「小さな会社・小さなお店の商売繁盛をナビゲーション」と謳っています。

あなたの会社・お店に必要な支援はどんなもの?

経営者のあなたが何もしなくても顧客が増え、売上が上がり、収益を確保してくれる。そんな支援やサービスをお求めなら、申し訳ありませんが私どもでは出来ません。別の専門家に相談してください。

お金さえ払えば、自分が運転しなくても目的地まで必ず連れて行ってくれる、タクシーや電車のような「あなたの代わりに経営を請け負います。カンタン、ラクチンです」のようなアドバイスや支援は私どもには出来ません。

私どもの提供する支援は

カーナビをご想像いただけると分かりやすいかもしれません。

どこへ行きたいか?・・・それは経営者のあなたが決めてください。

あなたが決めた目的地(目標)へたどり着くための、ナビゲーションのような役目を提供いたします。

運転するのは経営者のあなたご自身です。

カーナビは自分では運転してくれません。あくまでドライバーさんが自分で運転を始めると、右ですとかまっすぐですとかアドバイスをしてくれる、というモノです。

また、どんなに「東京ディズニーランドへ行きたい」と思ってナビに登録しても、車が故障してたり、ガソリンが入ってなかったり、あるいはドライバーさん(経営者のあなたご自身)が運転する気がなければ、ナビゲーションは何もできません。

私ども岸本ビジネスサポートが提供する「IT利活用のサポート」や「事業経営・商売運営の支援」も、こんなナビゲーションと同じようなものでありたいと考えています。

経営者・当事者であるあなたが「こういう目標に向かって進みたい」「こういう課題を解決したい」と決めてくだされば、その目標の達成・課題の解決のために、必要な道筋・必要な考え方などをアドバイスいたします。
途中、状況が変わればそれに応じた対応策を示し、また今のやり方よりももっと効果的な方法やノウハウがあればそれを示し、提案させていただきます。
そしてもうひとつ、私どもの提供する経営支援・事業支援がカーナビとよく似ているところ、それは

最後の最後までご一緒します

勝手に運転して着いたら「はい降りて」というような押し付け的な支援を決してしない代わりに、経営者のあなたが歩み続ける限り、途中下車したり道案内を辞めることなく、最後までご一緒します

もし「何とか自分も努力して、会社も自分も成長しながら目標に向かって頑張りたい」とお考えなら、必要な時にはぜひお声をお掛け下さい。

  • 経営目標を立てたいんだけど、どう考えれば良いかわからない
  • 目標を立てたは良いんだけど、これで本当に商売が上向くんだろうか?
  • 目標とか課題とかよくわからないけど、とにかく頑張って商売繁盛したい。何をすれば良いんだろう?
  • 思いもよらなかったこんな課題が発生した。どう乗り切れば良いだろう?

そんなふうに経営上の課題や目標に向かい合った時に、方法・考え方・具体的なツールや道具の活用などで困ったら、私どもがご一緒して道案内をさせていただきます。

経営者・商店主の皆さまと一緒に歩み一緒に考え、目的地までご一緒しながら道案内する・・・それが商売繁盛のナビゲーションです。

徹底的に「現場主義」にこだわります

私どもの提供する経営支援は、徹底的に現場にこだわります。

コンサルティングというお仕事の多くは「成果として上がってきた数値や成績数値」を元に状況判断をして、経営者に指導をします。それはそれで必要なことですが、そういうのは税理さんや、いわゆる「経営コンサルタント」さんがやる話。

経営者や従業員の皆さまが、お客様との関係を構築し、信頼を獲得し、その成果として商品が売れる・サービスを提供できる、そしてその対価(お金)をいただくのは、紛れも無く「現場」で発生する事柄です。

あなたの会社の事業・お店の商売を発展させ、目標へ向かって成長するために必要なことは、すべて現場で起きています。

だから私どもは、経営支援をさせて頂く時に、必ずその「現場」にこだわります。

どんな支援をさせていただく場合でも、必ず皆さまの会社へ直接お伺いし、現場を見て、体感して、生の現場から事業・商売の発展の支援をさせていただきます。

あなたの会社・お店の現在から未来へ、一緒に歩み、最後までご一緒する。

それが岸本ビジネス佐p-との提供する「小さな会社・小さなお店の商売繁盛のナビゲーション」です。


私どもの解説記事は「公開日」時点での情報を元に記載しております。公開日から期間の経過している記事については内容が古くなったり、場合によっては記載内容の通りでなくなる場合もございます。ご参考にしていただく場合には、必ず自己責任にてお願い致します。 

banner2 enqこの記事の内容について質問したい
もっと詳しい内容が知りたい
自分(自社・自店)の場合について個別に相談したい

 

 

banner aboutus02

banner aboutus03

banner aboutus04

banner aboutus05