サラリーマンが独立開業して、取り敢えず最初にお客様をどう獲得すればよいか?

どんどん顧客開拓できる方はどんどん営業回りましょう

個人事業主になったら、サラリーマン時代に知らず知らずのうちに持つことのできていた「会社の看板(=バックボーン)」というものは一切なくなります。「元◯◯の社員でした」は一切通用しません(というか、それはマイナスに働くことのほうが多いです)。なので、開業したばかりの個人事業主の方の多くは、人脈も売り込む先の顧客もほとんどゼロに等しいと言って良い状態です。(いやいや、オレはサラリーマン時代かなり顧客と密な関係を構築できていたからそんなことはないぜ、と自信をお持ちの方、それは100億万パーセントあなたの勘違いです。あなたに顧客がついていたんじゃなくて「◯◯株式会社のあなた」についていたんですから)

それでも、営業には自信がある顧客開拓には自信がある、ノウハウを持っているという方は、飛び込み営業するなりお勤め時代の得意客をまわってみるなり、どんどん営業をかけて顧客獲得をしていってください。

個人事業主の顧客獲得は、色々な点で大手の会社やサラリーマンの方がやるのとは手法や考え方が違いますから、とにかくひとつでも多く顧客へのアプローチを経験することがノウハウを蓄積する近道になります。

回れる客先がない方、営業に自信のない方は?

まずはご自身の家族や親戚、知人友人あるいはお勤め時代の上司や同僚に頼み込んでお客様になってもらうか、ほぼ確実にお客様になってもらえるであろうという方を紹介してもらいましょう。(こういう事が出てくるので、独立開業の時には人間関係を良好に保つための細心の注意を払う必要があるんです→スタート時に注意すべき人間関係

お店を構えて客を待つタイプの商売をスタートされた方は、とにかく家族や知り合いにお店に来てもらえるようお願いして、お客として来店してもらいましょう。こちらからお客様のところへ伺って仕事を得るタイプの商売の方は、知り合いや家族や紹介していただいた方に自分の商材やサービスを買ってもらえるよう頼み込んで「お客として見込める」事をある程度確定させた上で訪問すると良いでしょう。

そう、「コネ使ってなんとか売上げ立てろ」ってのをそのまんまやってみる、ということです。

けどね、それは「お客を見つけられないからコネで商売する道を選べ」ということでは全くありません。多分独立開業しても、元々のお勤めや職場経験で「自分一人でお客を引っ張りこんでくる」ということに慣れていない方は、そもそも見知らぬ方にアプローチしてお客様になってもらうための心の準備や経験値が乏しいでしょう?その状態でムリに得意じゃない営業周りとかお客様へのアプローチとかしても、うまくいかなくて凹んだり、失敗が先に立ってしまって上手に商売するイメージが出来なかったりと、あんまり良いことはありません。

そういうスタートアップの時期には、とにかく「多少ミスしたりしても許してもらえる間柄」「知らない仲じゃないからこちらも話したり提案しやすい間柄」の方に協力してもらって「お客様に対して自分の商売を提供・アピールする練習」をさせてもらいながら売上を立てていくのが一番だと私は思います。「商売のやりやすい状況」を作らせてもらった上で、自分の仕事の進め方やお客様とのやり取りをとにかく逐一検証・反省しながら、「本当に見知らぬお客様を開拓しなければならない時に、どういうことに注意をはらい、どういうポイントを押さえておくべきか?」を学習してしまおうというわけです。

抽象的・精神論的な話かもしれませんが、「未熟・未経験」が故に満足行くサービス・商品を提供できないなんていう失敗をして最初から評判を悪くしたりするよりは、コネでもなんでもイイから頼りまくっていられる間に自分を磨く、というのが慣れない自営業をスタートする上で大切なことだと思います。