個人事業主として独立開業したとしても、事務所を借りるのは極力避けたほうが良いです。その体験談を踏まえた解説

仕事場を別にしたほうが良い・・・は嘘です

よく「個人事業主(個人経営)は仕事とプライベートの区別がしづらくて、私生活にどんどん仕事が入り込んでくるから仕事場と私生活の場は別にしたほうが良い」と言う方がいます。それを理由に「事務所を借りてそこを仕事場にしよう」という方も多いようですが、これは私の経験上、全くの嘘です。

よほどのことがない限り、自宅以外のスペースを事務所として借りたり建てたりするのはやめましょう

理由は明快です。「お金のムダだから」

仕事をするのに大きな設備が必要、作業場としてかなり広いスペースが必要というお仕事なら事務所を借りたり作業場を借りたりするのはもちろんアリです。例えば木材加工や金属加工などのお仕事をするために自宅の書斎を使うなんていうのはムリですから、ね。また、そもそもお店を構えて商売をする(飲食店とか物品販売とか)・・なら、店舗をテナントとして借りるというのもアリでしょう。

けれども、そういう理由もなく何となく仕事場は自宅と別の方が良いと思って・・・程度の理由で事務所を借りたり作ったりするのは、個人事業主としていちばんやっちゃいけない「べからず」です。

事務所借りれば余計なお金がかかる

事務所家賃 10万円
水道光熱費  2万円
電話回線・プロバイダ  1万円
消耗品・事務用品  1万円

例えば上記のように、10万円の家賃の事務所を借りれば、そこに水道光熱費やインターネット回線費用など様々な固定費が加わって、毎月黙って何もしなくても十数万円お金がかかっちゃうワケです。

自宅が事務所を兼ねていれば、この経費はかからずに済む上に自宅でかかっている電気代やインターネット費用を経費計上することが出来ますが、事務所を借りちゃってれば毎月十数万円出て行っちゃう上に、自宅にかかってる水道光熱費なんて経費には認めてもらえなくなります。

事務所を借りる理由を見つけようとしないこと

「来客があったときに困るから」「書類や事務機器を置くスペースが足りないから」・・・個人事業主として一国一城の主になった気になると、どうしても事務所を構えたいという欲目も絡んで「事務所を借りる必要や理由」を見つけようとしてしまいます。

来客があるなら、自宅の応接スペースを一時的に使うとか、来客時だけ近くのファミレスや喫茶店を上手に活用すればいいことです。

書類や事務機器なんて、増えだしたらどんなに広いスペースが有っても絶対足りなくなります。はじめから自宅の書斎スペースだけでまかなえる範囲しかモノを置かないと決めて努力すれば、そんな問題簡単にクリアできます。

とにかく「事務所」はよほどの理由がない限り借りようとしたり建てようとしたりしないように、自営業なんだから自宅を仕事場にすることをためらわないようにしましょう。