楽天、Yahoo、Amazonなどのネットショップへ出店・出品するのって効果あるの?

楽天やYahooショップ、Amazonなどのショッピングモールでの販売

インターネットで商品やサービスを販売したいという事業主の方は多いと思いますが、安易に始める前に、ちょっと待ってよく考えて。楽天やAmazonで売るのと独自ショップで展開するのって、ぜんぜん違うんですよ?ちゃんと理解していますか?

独自ショップとショッピングモールの違い

そもそも、独自でネットショップを立ち上げるのと楽天やYahooショップへ出店したりAmazonへ出品するのとでは全く異なる手続きや手法になります。

独自ショップの立ち上げ

  • ネットショップサービスなどを利用して、独自のサイト・ネットショップを立ち上げる必要がある
  • 商品在庫の確保・注文の処理・代金の決済や回収・商品の出荷や配送などは、すべて自社で管理運営しなければならない
  • ホームページと同じで「サイト(ネットショップ)へ訪れてもらう」ためのサイト集客・SEOなどの取り組みが必須
  • 独自の運営なので自由度が高い
  • 費用はネットショップサービスへの運営費用&実費

ショッピングモールへの出店・出品

  • 楽天市場、Yahooショッピング、Amazonなどへの出店(出品)登録手続きをすればネット販売が始められる
  • 注文の処理・代金の決済や回収などはショッピングモール側である程度やってくれる。商品の在庫確保と出荷は自前でやらなければならない。
  • ショッピングモール自体の集客力は非常に高いので訪問者は多い。
  • ただ、ショッピングモール内での競争(同業他社との)が激しいので大手や有名店には勝てない
  • 費用は何だかんだと色々かかる(出店料・販促施策料・etc)

「出店すれば売れる」はあり得ない

 実店舗の場合と同じです。例えば実店舗の場合、自前の土地とお店を構えて商売をするのとアウトレットモールみたいな場所へ出店するのをそれぞれ比べてみていただければ分かるでしょう。

アウトレットモールへ出店すれば、来場客はたくさんいるので週末ともなれば目の前を何千人何万人と人が通ります。
けれども、その人達がご自分の出店している店へ入ってくれるかどうか?買ってくれるかどうか?は別問題ですね。

また、アウトレットなどへ出店すれば毎月の出店費用がかかります。もちろん自前の土地とお店の場合もかかりますが・・・

何を売るか?どうアピールするか?

差別化出来ることが必須!

今や大抵のものはネットで買える時代です。世間で売れているからと言って、「それをマネして仕入れて楽天やYahooでウチも売ろう」と考えても、まず上手く行きません。(だってそんなの、もう他のお店や業者さんがやってるから)

「仕入れて売る」商品では、よほどの差別化・・・例えば劇的に価格が安いとか、ウチじゃなきゃ仕入れられなくて普通は手に入らないとか・・・が上手くいかないとまず失敗に終わります。(ただ、仕入れるタイプのモノは製造元メーカーさんが直接出店しているケースも多いので、価格競争ではまず勝てないと思っておいた方が良いでしょう)

逆に、そういう徹底した差別化が出来ればある程度売れる可能性があります。
また、独自の商品やサービスを売るという場合や、特定の熱烈なファンや購入希望者がいるという場合には、アピールの仕方によって成功する可能性もあるでしょう。

アピールは継続が必須!

SNSやブログなどへ出店や商品をアピールすれば、瞬間的にはショップへの来店客数も増えます。
その結果、最初は少しくらいは売れるでしょう。
けれども、それで「よし上手く行った」と思っていると、あっという間にアクセス数も売上も落ちてしまいます。
商品やお店のアピールは「アピールし続ける」努力が必要です。

なんせ、楽天市場には4万社近い出店、Yahooショッピングには30万点以上と、気の遠くなるような店舗数がひしめき合っていますから、ただ「出店した」だけでは見向きもされないのです。

出店するなら綿密な戦略と計画を

実店舗に比べてはるかに安価で手軽に出店できるネットのショッピングモールだけに、「よしやろう!」と思ったら1週間もすれば立ち上げられるのは魅力です。

けれども、安価で手軽という点以外は、やらなければならない営業努力や運営管理などは、実店舗と何も変わらないのです。

どういう商品を、どのように、どのくらい売るのか?・・・まさに実店舗でやっているマーケティング活動と同じように綿密な戦略と計画を十分に練ってから出店するようにしましょう。