小さな会社・小さなお店で実際導入するのにオススメな顧客管理システムをいくつかご紹介

顧客管理システムが必要な理由

小さな会社・小さなお店だからこそ、顧客管理システムはぜひとも必要です。お客様の情報、お客様とのコミュニケーションの記録をきちんとつけておくのに、今やITシステムは必須です。
ウチは記録して管理しなきゃならないほど顧客数多くないから別に必要ないよ、という方にはまずこちらを読んでよく考えてください→「顧客を深く知ることから始める顧客管理」

小さな会社にオススメの顧客管理ソフト

そうは言っても小さな会社・小さなお店にとって顧客管理ソフトのために大金を投じることなんて出来ません。そこで、私ども岸本ビジネスサポートがおすすめしている顧客管理ソフト(システム)をいくつかご紹介。どれも数千円~数万円程度のものですから、導入しようと思えば実現可能なものばかりです。

筆まめ

img01 161010crm01取り敢えず手っ取り早く最も安価なのは、年賀状ソフトの「筆まめ」です。
筆まめは、年賀状の宛名印刷だけでなくデザイン面もさまざまなパターンで作成することが出来るため、ハガキデザイン、DMデザインやチラシなどの作成で使われることが多いようですが、実は「住所録」がとても強力な顧客管理ソフトとして活用できるようになっています。

img02 161010crm01住所録の入力画面を見るとよくわかります。

  • 例えば登録する連絡先(宛名)は、「お得意先様」「通常のお客様」「見込み客」などのように分類分けすることが出来ます。
  • また、宛名として登録した方の誕生日を記録しておくことも出来ます。
  • あるいは「マーク1~5」にご自分でルールを設定しておき、自由に分類することが出来ます。(例えば「商品A群の購買履歴があるお客様はマーク1にチェックをしておく」など)

そしてこれらの各項目は、住所録を検索したり条件抽出する際に、自由に組み合わせて抽出することが出来ます。

つまり例えば「静岡県内にお住いのお得意先様で、商品A群の購入履歴があるお客様」というような条件で住所録を抽出し、その方たちだけにDMを出すために住所録印刷をする、というような事ができるわけです。

お客様を取引内容や住所、年齢などで分けて管理し、必要に応じて必要なお客様にDMを送ったり案内をしたいという会社・お店には非常に強力な顧客管理システムとなりえますね。

筆まめは、市販で販売されているソフトなのでどこのPC販売店でもたいてい売っています。値段も3,000円~5,000円程度(住所録以外のデザイン機能に多少さがあるため金額に幅があります)のため、導入のハードルも非常に低いのでオススメです。

弥生顧客

会計ソフト・販売管理ソフトで有名な弥生のパッケージソフトのシリーズの中のひとつです。私どもの事務所では実際に2007年頃利用していましたが、現在は使っていないため最新の情報はこちらでご確認ください。

https://www.yayoi-kk.co.jp/products/customer/

筆まめに比べると多少金額は高いです。ただ、筆まめと違って「顧客の住所・氏名・電話番号を記録しておく」だけにとどまらず、お客様とのやりとりの履歴を管理することが出来るという点。

過去3ヶ月間にお問合せや連絡の無いお客様を検索して様子うかがいのDMを出すとか、あるいは逆に過去1年間にお買上げのあったお客様にフォローのDMを出すとか、そういう場合の検索や条件抽出が非常に優れている点がオススメです。

また、さまざまな業種にすぐに対応できるよう導入時のサポートが充実しているので、買ったんだけど使い方が分からなくて宝の持ち腐れ、ということになりにくいのもオススメな理由です。

ちょっとブレイク

弥生顧客を私どもでは実際には2007年頃まで使っていてその後使っていないと書きました。それはどうしてか?というと「クラウド対応しにくい」からです。1台のパソコンで集中管理するというやり方であれば、多分筆まめも弥生顧客も、非常に強力な顧客管理システムだろうと思います。ただ、私どものような「顧客サポート」を主とする仕事の場合、出先でモバイル端末でデータを確認したいということが多々あります。そのためにはクラウドでの利用が出来る顧客管理システムがどうしても欲しくなる。その為2008年ころからクラウドで利用できる顧客管理システムを探そうと言うことになり、敢えて弥生顧客の利用は中止したというのが理由です。

決して弥生顧客に機能が不足しているとか使い勝手が良くないという欠点があったわけではありません。

ZOHO CRM

img03 161010crm01で、現在私どもでも実際に利用しているクライドの顧客管理システムが「ZOHO CRM」というクライドサービスです。

https://www.zoho.jp/crm/

もともとアメリカでスタートしたサービスなので、暫く前までほとんど英語での提供でした。その為その頃はとても使えるモノではなかったのですが、現在では日本語サービスにも十分対応していて、きちんと取り組めば非常に便利なツールとなり得るサービスです。

最大の特徴は「クラウドサービス」だということ。ネット上でデータを管理するので、事務所のデスクトップパソコンでも、出先のスマートフォンやタブレットなどでも、常に最新の情報を確認しながらお客様とのコミュニケーションなどに臨めます。

また、スマホ専用のアプリなども提供されていて、例えば「スマートフォンに電話が着信すると自動的にアプリに通話履歴が記録される」など、デスクトップパソコン専用の顧客管理システムでは絶対に実現できないような機能もラクラクと実現できてしまう点が大きな魅力です。

また、価格も月額1,000円程度と、他のクラウドサービス(例えばセールスフォースのような)に比べて圧倒的にお手頃なのも魅力です。

導入の際には事前の検討を充分に行いましょう

以上3つほどオススメをご紹介してきましたが、どれを導入するのにしても顧客管理システムと言うのは一度導入したらそれなりに長い期間活用することになります。導入にあたっては、事前に充分検討して「我が社の経営力強化に、効果を発揮するか?」という点を確認してから導入するようにしましょう。

なお、導入して効果が出るか?ウチにこのシステムは合っているか?などのご相談・サポートは私ども岸本ビジネスサポートで承っております。どうぞお気軽にお問合せください。