バックアップのもっとも重要な「データバックアップ」の基礎編

データのバックアップは「何をバックアップするか?」が最重要

パソコンやタブレットなどIT機器に収められているデータのバックアップを行う上で最も重要なのは「どのデータをバックアップするのか?」です。

極端な話をしてご理解をいただこうと思います。

パソコンの中には「ユーザー」「ProgramFiles」などの様々なフォルダがあります。大抵の方は作ったデータを「ユーザー」→「ドキュメント」内のフォルダに保存します。「ProgramFiles」はそのパソコンに設定されている機能やアプリの情報が入っているフォルダです。

データのバックアップは「パソコン内のデータを、パソコンの外側(USBメモリとかCD・DVDなど)へコピーして保管しておく」という作業ですが、この時に「ProgramFiles」フォルダだけをコピーして「ユーザー」フォルダを無視したらどうなるでしょう?

そう、これでは何の意味もありませんね。データの収められているフォルダをコピーしなかったら、なんのバックアップにもならないのです。

普段のデータ保存場所を決めておくことが「適切なバックアップ」につながる

仕事で使っているデータはすべて「ユーザー」→「ドキュメント」フォルダに保存してあって例外はない、ということであれば、データのバックアップは「ドキュメント」フォルダだけをコピーして保管しておけば完璧!です。

けれども、普段のパソコンの使い方がいい加減だったり人によって保存場所が違っていて、「一体どこのフォルダをバックアップしておけばもれなくデータを保存できたことになるのか分からない」というのでは、バックアップをしようがありません。

実はデータのバックアップは「普段のデータの整理整頓、パソコン操作のルール化・標準化」がきちんと出来ていることが大前提になっているのです。

バックアップは「手動」「自動」やり方色々

最も簡単で単純なバックアップは、USBメモリや外付けHDD、CD・DVDなどの媒体へ、自分で(手動で)データをコピーしておくことです。保管すべきデータがそれほど多くない、データを作成する頻度もそれほど多くないという場合には、手動でデータコピーして保管するのが一番単純でラクでしょう。(ただし、操作ミスなどで保存し忘れや間違いなどが発生するリスクが有ります)

バックアップ用のソフト(アプリ)を使う

手動だとミスも出るしバックアップ忘れなんかも発生しがちです。そこで頼るのが「データバックアップソフト」。

  • 指定した媒体(外付けHDDとか、USBメモリとか)へ自動でデータをバックアップしてくれる
  • 指定したスケジュールでバックアップしてくれる(毎週金曜日の18時、など)

といった手動で面倒な部分を引き受けてくれる機能があって便利です。バックアップソフトにはいろいろな種類がありますが、私どもでは普段以下のようなバックアップソフトを使っています。

Acronis True Image

データのバックアップから、パソコンの設定や機能までまるごと全部バックアップしてくれる秀逸なソフトです。有料ですが、確実にバックアップをしたいのであればオススメのアプリです。

FrerFileSync

フリーソフト(無料ソフト)ですが、かなり秀逸なソフト。このソフト自体に自動スケジュールの機能はありませんが、Windowsの機能と組み合わせることで定期的な自動バックアップに利用できます。基本的にデータのコピーをするためのソフトなので、バックアップ以外の目的にも使えるかも?

アプリ(ソフト)を使うなら機能と目的を明確に

業務上の必要からデータのバックアップをするのであれば、やはり自動化を補助してくれる上記のようなバックアップソフトは必須でしょう。ご紹介した以外にも様々なソフトがあるので、目的と機能をきちんと確かめた上で上手に使いこなすのがポイントです。