YouTubeへパソコンから動画をアップロードする手順。

Googleアカウントを取得しておく

YouTubeへ動画をアップロードして公開するには、前提条件が2つあります。ひとつは最も重要なこと。「Googleアカウントを取得しておく」こと。Googleアカウントがないとアップロードできませんので、持っていないという方は先にGoogleアカウントを取得してください。→Googleアカウント

動画データを作成しておく

もうひとつの前提条件は「事前にアップロードする動画を作成して保存しておく」ということ。当たり前といえば当たり前ですが・・・YouTubeへアップするための動画は、事前に作ってパソコン上へ保存しておきましょう(なお、スマートフォンで動画を録画してそのままアップするという場合には、スマートフォン編での手順をご確認ください)

手順

img01 170423youtubeupload

YouTubeページへアクセス

YouTubeへアクセスします。→https://www.youtube.com/

このとき、Googleアカウントにログインしていない場合は画面右上のアイコンをクリックしてログインしてください。

ログインした状態で、図のようにアップロードのマーク(上矢印のようなマーク)をクリックします。

アップロードするファイルを選択

img02 170423youtubeuploadアップロードするファイルを選択します。画面の矢印のマークをクリックしてファイルを選択するか、あるいはこの画面上へ動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

タイトルと説明文を入力します

img03 170423youtubeuploadすぐにアップロードが始まります。アップロードが終わるまでしばらく時間がかかりますので、その間に動画のタイトルと説明文を入力します。(図の「170423」というのは元々の動画のファイル名。必要に応じてタイトルを自由に変更できます。またその下の説明文の自由に入力出来ます)

しばらく待って動画がアップされたら、画面右上の「公開」というボタンをクリックすれば動画のアップロード&公開完了です。
なお、アップロードが完了すると、Googleアカウントに登録してあるGmailアドレス宛に「動画アップロード完了しました」というようなメールが届きます。

アップロードした動画を確認する

img04 170423youtubeuploadアップロードした動画は、Youtubeのメニューの「マイチャンネル」という項目から確認することが出来ます。

img05 170423youtubeupload図のようにアップロードした動画が一覧で表示されます。

アップした動画を見たい、Facebookなどでシェアしたい、ブログやホームページに投稿したいという場合には、該当する動画をクリックして動画ページへアクセスしてその後の操作を行います。

スマートフォンなら直接アップロードも可能

このページではパソコンからYouTubeへ動画をアップする方法を解説しましたが、そもそも動画を撮影するのがiPhoneやAndroidなどのスマートフォンであれば、撮影した端末から直接YouTubeへ動画をアップすることも出来ます。

手順についてはこちら→YouTubeへ動画をアップロードする(スマートフォン編