会社で使う判子(印)の丸印(まるいん)と角印(かくいん)、何がどう違うの?

会社(企業)で使われている印鑑にはいわゆる「丸印」と「角印」があります。これって何が違うんでしょうか?

丸印(代表者印)

いわゆる丸印というやつで、その名の通り「丸い印影の印鑑」です。ただこれ誤解のないように・・・必ずしも丸印=代表者印なわけではありません。丸印が印鑑登録されて法人の実印になっている場合もあれば、実印は別にあって丸印は会社の代表者印ではあるけれど実印じゃあない、という場合もあります。

小さな会社やお店の場合、多くはこの丸印が代表者印であり、なおかつ実印でもあるという場合が多く、これが言ってみれば会社で一番重要なハンコになります。会社の登記申請とか、重要な契約の締結時などに押印されるのがこの丸印です。

角印

社印のことです。 通常は社名(企業名)のみが刻印されていることが多く、請求書や領収書などに押印されることが多いですね。会社によってはこの角印と同じ幅で作った「住所」だけのゴム印とか「電話番号」だけのゴム印なんかがあって、「社名・住所・電話番号」が必要なときには組み合わせて押印する、なんてこともあるようです。

多くの場合(というか殆どの場合)これは実印ではないので、丸印に比べると重要度は低い書類に押されることが多いです。

「押印」は法律上の義務ではありません

一般の契約書とか見積書・請求書などに「印」を押さなければならないという法律はありません。一般的な慣習として契約書等の場合丸印(=代表者印)を押すのが普通ですので、敢えて「法律上義務はないから」と拒む必要も無いと思いますが、丸印・角印などの使い分けや押印に法律的な義務が伴うわけではないことは、いちおう知っておくと良いでしょう。