PCとタブレットで同じメールを送受信したい

パソコンとタブレットで同じメールアドレスのメールを送受信するにはどうすれば良い?

オフィスではパソコンで受信、外出先ではタブレット

スマホやタブレットの普及で、こんなメール管理の必要が以前にもまして高まってきました。

  • オフィスや自宅にいるときは、パソコンでメールを送受信したい
  • 出先では持ち歩いているタブレットで送受信したい
  • オフィスのパソコンとタブレット、どちらの中身も全く同じメールになっているようにしたい

これ、ある条件を満たせばどなたでも出来ることなんです。

IMAP対応のメールなら可能

皆さまがお使いのメールアドレスをどのように取得されたか?は様々だと思います。
「インターネットプロバイダから割り当てられている」「YahooやGoogleなどのフリーメールアドレスを取得した」「会社で与えられたアドレスをそのまま使っている」・・・どういう形でメールを利用しているかは違っても、ほぼすべてのメールは「メールサーバーの仕様」というので機能が決まります。
難しい事は省きますが、「複数の端末(パソコンとタブレットとか、デスクトップパソコンとノートパソコンなど)で同じメールアドレスを送受信したい」という場合には、以下の1点だけ確認して下さい。

お使いの(ご自分の)メールアドレスが、「IMAP対応しているか?」

メールは、大きく分けて「IMAP(アイマップと読みます)」と「POP3(ポップスリー)」という2つのタイプの方法で送受信をしています。
この内の「IMAP」という仕組みに対応しているメールアドレスなら、「複数の端末で全く同じメールの管理をする」ということが可能です。
私の知る限り、ほとんど全てのメールは「POP3」というタイプに対応していますが、まだ一部のメールが「IMAP」の方に対応していません。
例えば、一部のインターネットプロバイダでは、インターネット接続会員様に付与しているメールアドレスが「POP3」にしか対応していなかったりします。
その場合には残念ながら、このページで言っている「複数の端末で同じメール」は実現できません。その場合にはこちらのページの方法を試してみてください→「2台のパソコンでメール受信したい」

IMAPのメールの場合

お使いのメールアドレスがIMAP対応だった場合どうすれば良いか?というと、メール設定を変更することで可能になります。この記事をお読みのほとんどの方は、今まで複数端末での管理ということを意識して使っていなかっただろうと思いますので、現在のメールアドレス設定を変更するところからやる必要があります。

1.現在の(パソコンの)メール設定をやりなおす

初めて今のメールアドレスを使う時、パソコンのメールソフトにメールアドレスの設定をしたと思います。そのアドレスの設定を変更(あるいは一旦消去してやり直し)して下さい。
瀬底変更するのは「メールサーバーの設定」の部分です(どのメールソフトでも必ず同様の項目があるはずです)。メールサーバーの種類が、多分今は「POP3」になっていると思いますので、これを「IMAP」に変更して下さい。(現在の設定が変更できない場合は一旦設定を消去して新しく設定しなおし)

2.同じ設定をタブレットにも行う

パソコンのメール設定変更が出来たら、今度はタブレットです。タブレットのメールアドレス設定の際にも「メールサーバーの種類を選ぶ」部分が必ずあるはずですから、ここを「IMAP」にしましょう。

行うべき設定は、コレだけです。これで、パソコン・タブレットともに全く同じメールの管理ができるようになります。

全く同じメールの管理とは?

ちなみに全く同じメールの管理、というのは例えば以下の様な事です。

パソコンのメールソフトから送信したメールを、出先でタブレットで確認したいという場合に、タブレットのメールアプリを開けば「送信済み」の欄にパソコンから送信したメールが保管されている。

もちろん、送信だけじゃなくて受信も同様です。

注意点

このページでは「複数の端末で同じメールを」というテーマで説明しましたが、実際の活用時にはいくつか注意点があります。

  • アドレス帳は同期しない:パソコンとタブレット、それぞれのアドレス帳は基本的に同期しません。何らかの方法でこれを同期させないと、実際には「活用して仕事がはかどる!」というところまでは至りませんからご注意を。
  • 末尾の署名などもそれぞれに設定する必要がある:メール末尾に入る自動署名なども、手動で同じ設定にしないといけませんので、この点もご注意下さい。

Google、Yahooなどのメールサービスなら全部同期出来ます

ちなみに、GoogleのGmail、YahooのYahoo!メールなどのサービスを利用していれば、「アドレス帳」も「署名」も同じように同期させることが出来ます。

私ども岸本ビジネスサポートでは、「上手く使えば完全にメールの設定が同期する」ことから「Gmail」をおすすめしています。Gmailの解説については、また別のページでご案内させていただきます。